賃貸での騒音問題対策

賃貸での防音対策

Google

リノベーションの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸での騒音問題対策

新着情報

賃貸の防音設備の状態

マンションやアパートなどは防音に違いがあります。隣の部屋との壁の厚みの違いや壁との間の吸音材などの材質の違いによるものです。賃貸に住んでいると上の階の住人や両隣の人との騒音問題が起きます。テレビや洗濯機、レンジなど家庭電化製品の生活音はかなり問題になります。部屋の中を走ったりすると、さらに音は大きくなります。壁の厚みや床の厚みによって、音の伝わり方が違いますので、入居する前に音の確認をしておきますと、後々のトラブルを防ぐことができます。賃貸契約する前に建物構造や壁の厚みなどの確認が重要です。一般的にはコンクリートの厚みがあるほど遮音性は高くなります。

防音の方法と効果の説明

防音とは、音を外に出さないようにすることです。例えば、室内を防音にすれば、その室内での音は外に漏れにくくなります。賃貸物件を借りる場合、音を防ぐ設備を必要とする人は、音楽関係の仕事の人などが多いです。部屋の中で大きな音を鳴らしたり、演奏しても周りに音が漏れないようにするためです。それ以外の人でも、足音や話し声などで隣室に、迷惑がかからないように音を防ぐ対策を行うことがあります。個人でできる音を防ぐ対策としては、音を防ぐマットやカーテン、簡易壁などがあります。これ以上完全に音を防ぐことを望む場合は、自宅の場合は音を防ぐリフォームを行う必要があります。賃貸しの場合は、音を防ぐ設備が整った賃貸物件を、不動産屋に探してもらう必要があります。